披露宴

挙式を報告して祝福を受ける晴れがましい披露宴。招待客のもてなしに心くばりを。

【披露宴の流れ】
新郎新婦入場
 スタッフの先導で、メインテーブルにつきます。ゆっくり歩くようにしましょう。
開宴の挨拶
 司会が開宴を告げ、簡単に新郎新婦のプロフィールを紹介します。
主賓の祝辞
 新郎新婦は起立して祝辞を受けます。主賓が着席をすすめたら従います。
乾杯
 一同は起立し、主賓(祝辞を述べた人以外を頼む)の音頭で乾杯します。新郎新婦、両親は軽く頭を下げたあと杯に口をつけるようにします。
ウェディングケーキ入刀
 一同の拍手の中で行われるケーキ入刀は披露宴前半のクライマックスです。ナイフの使い方は事前に指導があります。なお和装の場合であれば、日本酒の樽に槌を入れる演出に変えてもよいでしょう。
祝宴
ケーキ入刀のあとは食事とスピーチになります。新郎新婦は祝辞者に注目し、感謝をこめて拝聴するのがマナーです。司会者のほうで、新郎新婦が着席のまま祝辞を受ける旨の断りをします。
新郎新婦もスピーチの合間に軽く食事をしましょう。食べやすいものを選べばよいでしょう。
新婦のお色直しはケーキ入刀後、一段落したところで行います。
祝辞のあとは友人や同僚による余興が行われ、場を盛り上げます。祝辞が多ければ余興を間に入れますが、スピーチは一人三分程度、二、三人程度におさえたいものです。
祝電披露
司会者は届いた祝電をあらかじめ整理しておき、読み上げます。文面を省略することもあります。
キャンドルサービス
披露宴後半演出のクライマックスとなるキャンドルサービス。二人の想い出の曲などを流しながら全テーブルへキャンドルを灯していきます。最後にメインキャンドルへ点火します。
新婦の手紙
両親に宛てて新婦が手紙を朗読します。これまで育ててくれた親への感謝の気持ちを素直に表現しましょう。その後は、両親への花束贈呈など記念品を渡します。
親族代表挨拶
一方の父親が招待客に感謝し、今後の援助をお願いします。新郎の父親が代表して挨拶するのが一般的です。
その後、新郎が招待客への感謝や自分たちの決意、援助と指導のお願いなどを挨拶することも多いようです。
閉宴の辞
司会はお開きの挨拶をします。
来賓の見送り
新郎新婦、両親は一列に並び、招待客を見送りますが、特定の人と話しこまず、全員に短くとも心のこもった挨拶をしたいものです。

【西洋料理のマナー】

祝宴に入って周囲の人がナプキンを広げたら、テーブルからナプキンをとってひざの上に広げましょう。広げるのが早過ぎると格好がつきません。二つ折り程度がスマートです。
テーブルの上には出される料理の順序にしたがって、ナイフやフォーク、スプーンが配列されています。料理を一品、食べるごとに外側から使っていきます。食べ終わったらナイフとフォークはそろえます。
スープは音を立てないよういただきましょう。残りが少なくなったら左手で皿を傾け、スプーンですくって飲みます。
パンはスープの終わりごろから、デザートの前までの間に適当に食べます。ひと口大にちぎってそのつどバターをつけるのがマナーです。
骨付きの魚料理は、上側の身を食べたらフォークで骨を持ち上げ、下の身を離します。裏返してはいけません。
肉料理は左端からひと口ずつ切って口に運びます。最初に小さく切り分けてからフォークを右手に持ちかえて食べてもかまいません。ナイフは押し切るように使うと音が出ません。
食事が終わったら、ナプキンをたたんでテーブルの上に置きます。なお着席、退席はイスの左側から行います。中座するときは、ナプキンをイスの上に置いて席を立ちます。
水やワイングラスを倒してしまったときはコップを立て、あとはサービススタッフに任せます。うっかりナイフやフォークを落としてしまったときも、自分であたふた動かないことです。まわりの人が失敗したら、見て見ぬふりをするのがマナーです。

【中華料理のマナー】

料理は、前菜(冷たい料理)、主菜(温かい料理)、点心(デザート)の順で出てきます。入口から遠い席が上座になりますから、上座の人から順に、時計回りで料理を取りわけます。周囲の人に料理がいきわたったころ、箸をとりましょう。
料理は何度取ってもかまいませんから、最初は少なめに、人数も考えて取りわけるようにします。きらいな料理は手をつけず、小皿にとったら残さないように食べるのがマナーです。
汁気のものを取るときは、取り皿を大皿に近づけ、汁がたれないように注意します。取り皿は手で持って食べてもかまいません。取り皿は適当に替え、たりなくなったらサービススタッフに頼みます。スープはちりれんげで汁と具をいっしょにすくって静かに飲みます。ちりれんげは人さし指をみぞに入れ、親指と中指ではさむようにして持ちます。
点心はかなり甘いものが多いので、最初は少しだけ取りわけるほうが無難です。

【日本料理のマナー】

他人に不快な感じを与えない、という基本的なマナーを守ってさえいれば、あとは日常の食事作法とまったく変わりありません。
椀のふたは右手で糸底を持って取ります。左手は器に添え、取ったふたは左手を添えて裏返し、膳の右側に並べます。ふたが取れないときは、左手の親指と人さし指で椀の手前と向こう側をはさむようにして強く押さえます。
皿が膳の奥にあって箸がのばしづらかったり、汁のたれやすいものの場合は、皿をとりあげて食べてもかまいません。
ひと口で食べきれない大きさのものは、箸で必ずひと口大にちぎって食べます。
食事を終えたらふたはもとのように戻します。
さて日本料理のマナーで大切なのは箸の扱い方です。「嫌い箸」とよばれる箸使いのタブーには十分気をつけましょう。
①さぐり箸(汁の実などがあるかどうかを箸でかきまわして探る)
②刺し箸(おかずを箸で突き刺してとる)
③ねぶり箸(箸をなめる)
④迷い箸(次はどれを食べようかと、箸をあちこち動かす)
⑤渡し箸(器の上に橋を渡す形で箸を置く)
⑥もぎ箸(箸についたご飯などを唇で取る)
要は人に不快な感じを与えるような箸使いをしなければよいのです。
骨付きの焼き魚など、箸だけでは食べにくい料理があります。そんなときは遠慮なく左手を添えていただきます。魚は、左手に折りたたんだ懐紙を持って、頭を軽く押さえると箸が使いやすいでしょう。
日本料理ではナプキンが出されないので、白いハンカチと懐紙を用意しておくと便利です。

【パーティー形式のマナー】

立食形式の披露宴は、自由で出席者も楽しめるところから若い人たちに人気があります。出す料理や飲み物によって、ビュッフェ・ディナーパーティー(食事を出す)、カクテルパーティー(アルコールを中心にオードブルでもてなす)、ティーパーティー(軽食とケーキ、コーヒー、紅茶など)に分けられます。一般の披露宴を行ったあとに仲間が集まって開く「祝う会」や二次会によく利用されます。
ビュッフェ・ディナーパーティー(昼間の場合は、ビュッフェ・ランチパーティーという)の場合は、洋風披露宴とほぼ同じ形で開きます。祝宴に入ったら新郎新婦も招待客の間に入り、お祝いの言葉を受けながら自由に歓談しますが、全員と話をかわすように心がけるのがポイントです。周囲にイスを配置しますが、新郎新婦は主催者ですから、座らないのがマナーです。
カクテルパーティーは午後四時か五時から、ティーパーティーは午後三時のティータイムに開きます。
パーティー形式の披露宴は形式にとらわれずに行えるのが長所ですが、スピーチや余興に招待客の注意が集中しにくいので、祝辞の人数を減らすなどの工夫が必要です。
「温かい料理のひとつに冷たい料理ひとつ、そしてキャンドル一本あればすばらしいパーティーが開ける」といいます。要は出席者がお互いにうちとけ合って楽しい雰囲気を心がければ最高のパーティーになるということです。初対面の人とも紹介し合い、親しい仲間でかたまらないようにしましょう。
テーブルに用意された料理は小皿に取り分けていただきますが、心もち少なめにとるとスマートです。料理はフルコースと同じ順で食べるのが、おいしくいただくコツです。
会場では他人の衣類を酒や食べ物で汚さないように気をつけましょう。