縁談の進め方

●縁談を依頼するとき

 結婚相手によって人生が大きく左右されるのはいうまでもないことです。縁談を依頼するときは、真摯な姿勢で真剣にお願いするのが当然のマナーです。
 とくに周囲の方にお願いして縁談を進めるときは、本人の結婚の意志を確かめ、事前によく話し合っておきたいものです。破談の原因を調べていくと、本人がもうしばらく独身でいたかったから、という理由が目につきます。結婚を考えていなければ、うまくいくはずがありません。
 縁談をお願いするには、写真と履歴書、身上書が必要です。またどういう人がよいのか、具体的な希望条件をしぼりましょう。お世話される方に本人の性格を知ってもらうのも大切です。
 自分の経歴、仕事、趣味、結婚相手への希望など、本人の口から率直に伝えましょう。

●見合い写真と履歴書・身上書

 いわゆる見合い写真は、写真館などで撮ります。男性ならスーツにネクタイ、女性ならワンピース、スーツが一般的です。
 見合い写真にはスナップを二、三枚添えます。はつらつとした表情や笑顔の写真を選びましょう。何年も前の写真ではだめです。また、同性の友人と写っているものは比較されてしまうので避けましょう。異性と写った写真などは論外です。
 履歴書、身上書は本人が書くのが原則です。
 履歴書は市販の用紙を利用することもありますが、白い便箋に書いても好感をもたれます。
 身上書は、本人のことがよくわかることがポイントです。身長、体重、健康状態、趣味などのほか、結婚後の家族との同居・別居、女性の場合は共働きを希望するかなど、基本的条件を明記しましょう。
 健康診断書もこのときいっしょに仲介者に渡します。半年以内に検査した病院の診断書がよいでしょう。

●縁談の受け方、断り方

 縁談は本人を避け、両親や親しい親戚に持ち込まれるのが一般的です。写真や書類をしばらく預かり、相手の人柄や仕事、趣味などを詳しく聞きます。
 見合いをしてみようという結論が出たら、こちらも写真と書類を整え、「よろしくお願いいたします」と言って仲介者に渡します。先方でも見合いを承諾したら、見合いの段取りに入ります。
 現在の見合いは、昔のように堅苦しいものではありません。新たな出会いの機会と考えましょう。不安な点が出てきたら、仲介者を通して十分に尋ねますが、これは失礼にはあたりません。お互いに納得がいくことが大切です。
 断る場合は、なるべく早く態度をはっきりさせましょう。「どうも気が進まないので」と、本人の言葉を仲介者に伝えます。理由を尋ねられたら正直な理由を言ってもかまいません。仲介者が今後の参考にするためで、そのまま先方に伝えないのがルールです。
 断った場合は、「ほかに良縁がありましたら、よろしくお願いします」と今後のことをお願いしておくといいでしょう。一方が見合いを断ったら、心残りでも潔く引くのが当事者、家族、仲介者のマナーです。