精進落とし

●遺骨を迎える準備

 出棺後、残った人たちは手早く祭壇を片づけ、部屋を掃除します。その後、小机に白布をかけたものを用意し、「中陰壇(ちゅういだん)」を整えます。
 「中陰」とは、四十九日の忌明けまでの期間で、人間がいったん死んでから次の世に生まれ変わるまでをいいます。遺骨は、四十九日までは埋葬せず、家に安置するのが一般的ですから、その間、遺骨をおまつりするための壇をつくるのです。
 中陰壇の上には、仏具や供花、供物を供え、遺骨が帰ってきたら、遺骨、遺影、位牌とともに飾り付けます。
 一方、火葬場から帰ってくる人たちのために、玄関先には、桶かバケツ、洗面器などに水をはっておき、塩を入れた皿を盆にのせて用意しておきます。これは浄めの水と塩です。お塩の利用は宗派によって異なります。
 また、精進落としの宴席の準備をします。手づくりはだんだん少なくなっており、仕出しや寿司の折詰などを利用する場合が多くなっています。

●遺骨を迎えるときの作法

 火葬場から遺骨が戻ってきたら、祭壇に安置しますが、その前に火葬場へ出向いた人たちは身を浄めます。用意しておいた水と塩で、死のけがれを祓うのです。
 やり方は、家に残っていた喪家の、家族でない手伝いの人が、一人ひとりにひしゃくで水をすくって両手にかけ、手ぬぐいを渡します。次に、塩を正面から胸と背中にかけます。簡単にする場合は「塩祓い」だけでもかまいません。
 さて、祭壇を飾り終えたら、灯明(とうみょう)をともし、線香をあげて、僧侶に読経してもらいます。これが、「還骨(がんこつ)勤行(ごんぎょう)」です。僧侶から指示があったら、喪主以下が焼香します。
 なお、このごろは初七日の法要を還骨勤行と兼ねて行うことが多くなりました。親族が遠方にいることが多く、初七日に再びみんなが集まるのは難しいという事情もあるためです。初七日と還骨勤行を兼ねる場合は、抹香で焼香します。

●精進落とし

 こうして葬儀はすべて終了しました。喪家では、僧侶や葬儀に尽力してくれた人たちに感謝の意をあらわし、その労をねぎらうための宴席を設けます。これを「精進落とし」といっています。
 この席では僧侶、世話役を上座に、友人、近親者がそれに続き、喪主、遺族は末席に座ります。もてなしの宴に入る前に、喪主か親族代表が葬儀が終了したことの報告と感謝の挨拶をします。
 「本日は、ご多忙中のところを、亡き○○のためにお心づくしをいただき、ほんとうにありがとうございました。おかげさまで、とどこおりなく葬儀を済ませることができました。故人もさぞ、喜んでいることでしょう。ささやかですが、膳をととのえましたので、なにとぞおくつろぎのうえ、精進落としをしていただきたいと存じます。ありがとうございました」
 精進落としの宴席は、ほぼ一時間ほどできりあげたほうがよいでしょう。遺族も世話役たちも疲れていることでもあります。切りあげどきになったら、喪主から挨拶します。
 「本日は皆さま大変お疲れのところをお引きとめいたしました。お名残り惜しゅうございますが、これをもちましてお開きにしたいと存じます」なお、都合があって、僧侶を宴席に招かないときは、「お食事をさしあげるべきでございますが、手ぜまでとりこんでおりますので、失礼させていただきます」と挨拶し、「御膳料」と「御車料」を包みます。

●事務の引き継ぎは早めに

 葬儀が終わったら、できるだけ早く喪主、遺族は世話役から事務の引き継ぎをします。いつまでも迷惑をかけてはいけないし、当日中に引き継ぎをしておいたほうが間違いも少なくて済みます。精進落としに入る前に済ませておくと、世話役もくつろいで宴席に向かうことができます。
 各世話役から引き継ぐ内容は、香典その他の入出金積算、会葬者名簿、名刺、供物控え帳、弔辞、弔電綴りです。
 また、葬儀では遺族の知らないこまごまとした立替金が案外多く出ているものです。世話役からはなかなかいい出しづらいものですから、遺族のほうから確かめるようにしましょう。

【冠婚葬祭コラム】

■精進落としの由来

 祭りの間や葬儀で、精進の期間を終わってふだんの生活に入るけじめとして、なまぐさ物を食べたり、酒を飲んだりしたのが精進落としのいわれです。葬儀に関していうと、葬儀後三日目とか、五日、七日、三十五日、四十九日など忌明けの日に初めて魚肉などを食べました。それが最近では、葬儀の当日に、お世話になった人々をねぎらうために、酒や料理でもてなすようになってきたのです。